CATVが開通した

2017/04/08、我が家に CATV (マーブルテレビ)が開通した。

加入のきっかけ

  • テレビのチャンネル数に不満(後述)
  • オンデマンドサービスはアニメ、ドラマ、映画には強いがバラエティには弱い
    • ニチアサがリアルタイムで見られない
  • まだ東京に帰れる気配がない

一番大きい理由は一番最後で、しばらく東京に帰れる気配もないし、加入することでテレビのチャンネル数が東京水準になると思うと、加入しようという気持ちが強くなった。
金額は後述するが、東京水準になると思うのであれば、月2,000円はまだ安いほうかなと思う。

加入前と加入後の違い

加入前

Ch.番号 Ch.名 系列
1 日本海テレビ 日テレ系
2 NHK Eテレ NHK Eテレ(松江)
3 NHK 総合 NHK 総合(松江)
4 NHK 総合 NHK 総合(鳥取)
5 NHK Eテレ NHK Eテレ(鳥取)
6 BSSテレビ TBS系
8 TSK フジテレビ系

テレ朝系、テレ東系は見ることができなかった。あと、うちのアパートの立地的に NHK 鳥取放送局が受信できるから鳥取のニュースは見ることができた。

加入後

Ch.番号 Ch.名 系列
1 日本海テレビ 日テレ系
2 NHK Eテレ NHK Eテレ(松江)
3 NHK 総合 NHK 総合(松江)
4 サンテレビ (神戸の)独立U局 New!
5 広島ホームテレビ テレ朝系 New!
6 BSSテレビ TBS系
7 テレビせとうち テレ東系 New!
8 TSK フジテレビ系
11 マーブル コミュニティCh. New!

以前は見られなかったテレ朝系、テレ東系が見ることができるようになり、その上神戸の独立U局であるサンテレビを見ることができるようになった。
あと、地上波は CATV、BS/CS はアパートの共聴設備を使えるよう混合(CATV的には地上波のみに分波)工事をしてもらって、BS/CS は従来どおり見られるようにしてもらった。

ちなみに、コミュニティCh.はサブチャンネルに切り替え、データ画面を選択すればFM2局(FM山陰、NHK FM)が聴けるという。

どうやって実現しているのか不明だが、PC やタブレットで Radiko アプリを使ってラジオを聞くよりテレビを使ったほうが、オフタイマー機能も使えたりするので個人的には非常に便利。

その他

今回は松江市の屋内告知端末「おしらせ君」をつけることで、加入料が 0 円になるというキャンペーンで加入したので、以下のような端末を置いて行かれた。

松江市のお知らせが聴けるらしいということで、聞いてみたがあまり大したことを言っていない感じがした。
でも、緊急時(台風とか地震とか)にはお知らせしてくれるらしいので、接続をしておこうかなと思った。
工事の人曰く、「別に抜いて使わなくてもいいですよ」って言っていたけど、それで良いのか。
アンテナ線も余裕があるので、つなげておくけど。

あと、これでもラジオは聴けるけど、これで聞くことはあまりないかなぁという印象。

費用に関して

加入時

  • 加入料: 0円 (おしらせ君設置キャンペーンにより)
  • 引き込み線工事費: 10,000円 (電柱からアパートまで線を引き込むところまで)
  • 宅内工事費: 5,400円
    • つなぎ込み工事費: 2,000円
    • 分波器取り付け: 2,000円
    • 諸経費: 1,000円
    • 消費税: 400円

月額料金

税込み 2,160円
島根とか松江の企業は口座振替ができる金融機関が地元系しかないので、コンビニ払いで対応してもらった。
もちろんクレカ経由の nanaco を使ってコンビニ支払いだが。

解約時

費用負担はないらしい。ただし、CATV の最低利用期間は 6 ヶ月なので、6 ヶ月は使い続ける必要はある。
半年後でも 12,000 円なので携帯電話ほど負担は重くない。

その他

今回 CATV に加入したことで NHK の団体支払いが使えるようになる。
社会人になってからずっと衛星契約だったので、団体契約に替えて、1 年間 2,000 円ほどの割引を受けることができる。
結果的には 1 ヶ月分無料というイメージ。

ただ、私は 6 ヶ月支払いにして、ちょうど 4 月に請求が来るサイクルだった。
どうなるのかわからなかったから NHK に聞いたところ、まだ団体契約になっておらず、次の請求から団体扱いの請求になるらしい。
ちょっとショックだったけど、次の請求から団体扱いになるという制度を使って、4, 5 月分は従来どおりの 2 ヶ月払いにし、6月から団体扱いで割引された金額が請求されるようにしてもらった。
というか、NHK 側からそういう提案されて、そうした。なるほど、そういう技があるのね。

まとめ

テレビのチャンネルが増えるのは個人的に心強い。

参考

山陰ケーブルビジョン株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です