山陰から東京へ安く行く方法

投稿者: | 2018年5月27日

飛行機で安く東京に行くのであれば、今も昔も早い時期から予約しておくのが正攻法。だけど、そうするとキャンセル時に多額のキャンセル料金がかかってしまい、なかなか予約しようと踏ん切りがつかないことが多くなってきた。それでも、直前まで安くいく方法はあるので、今回はそれをまとめてみた。

なお、私は ANA ユーザーなので、ANA メインの内容となっている。JAL はあまり興味がないので、調べていないけど、だいたい似たのはあるんじゃないかな。

パックツアー

パックツアーは何が良いかというと、いつ予約しても料金は変わらないということ。
何で金額が変わるのかというと、以下の要素で変わる。購入時期に依存しないのが良い。

  • 出発日
  • ホテルのグレード
  • 利用する便

山陰発ならおすすめなのは、今だけdon!というパッケージツアー。基本的には、どのパッケージツアーより安いと思う。
基本的に、金曜昼頃発、日曜昼過ぎで、ホテル追加料金なしでよければ往復 1 泊ホテル込みで 3 万 5 千円くらいで行ける。
(ただし、1 泊分の宿を確保しなければならない。)

そして、もしくはポイントサイト経由ならいくらかかポイントがつくのも魅力かも。また、ANA カード会員や JAF 経由なら 5% オフで手配ができる。
ただし、私はまだマイラーなので、マイルの積算率が 50% なのが残念。マイルが積算されるだけマシだが。

他にもうれしい特典としては、21 日前までは取り消し手数料がかからない。ANA の旅割運賃では 55 日前まで取り消し料金がかからないだけに非常に好ポイント。私も実は 1 回だけ、この恩恵に助かった。

また、私が働いている企業は関東 IT 健保に加入しているので、年に 2 回までパックツアーの助成金が出る。1 回 1 万円なので、非常にでかいと思う。

ダイナミックパッケージ

パックツアーより、柔軟に行程が組めるのが高評価。こちらも出発日に依存しない。
ただし、金額が便とホテルで変動が大きく、マイルの積算率が悪いのが残念。
なお、JAF ならば 1,000 円引きで手配できる。

私はあまり使わないなー…

サンライズ出雲

ここで突然の鉄道系。でも、候補ではある。
鉄道系は基本的に料金がほとんど変わらないのが良い。寝台料金を前泊したものとして考えると移動費は安くなる。
また、サンライズブームで、チケット取りにくいといわれているが、それは金曜日東京発、日曜日出雲発の話。逆となると意外と取りやすい。


ここまで簡単にまとめてみたが、料金などは一概に言えないので何かモデルケースで比較紹介ができればと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です